ウォーター・ファンドの投資信託は? ウォーター・ファンド(水ファンド)の投資信託で資産を殖やす運用術

ウォーター・ファンド投資信託について

今、地球温暖化、環境汚染、人口増加などに「水資源」の問題がより深刻化しています。

ウォーター・ファンド投資信託」とは上下水道ビジネス、ミネラルウォーターの他、、廃水処理、飲料水の浄水、海水の淡水化など、水の再利用などの技術を持った企業の高い水処理技術技術力に注目し、そういった事業を行っている関連企業に投資する投資信託です。

2004年3月に野村アセットマネジメントが投資信託「ワールド・ウォーター・ファンド」を設定したのが「ウォーター・ファンド」投資信託の先駆けです。

その後、日興アセットマネジメントの投資信託「グローバルウォーター・ファンド」、ユナイテッド投信の投資信託「ニュージェネレーション世界環境ファンド(太陽と水)」、三菱UFJ投信の投資信託「グローバル・エコ・ウォーター・ファンド(ブルーゴールド)」など、新しい商品も出てきています。

他にも、資源・エネルギー・食糧に関連したファンドや、環境関連の商品指数に連動したファンドなど、環境問題に関連したファンドが次々と出て来ています。

環境問題は世界的な問題ですし、このテーマは、これからも関心を集めることになりそうですね。

楽天証券でのグローバルウォーター、ETFについて

「ウォーター・ファンド」と呼ばれる水資源関連企業の株式に投資するテーマ型ETFが2007年に新しくたくさん設定されました。
ロンドン証券取引所でも、「iシェアーズ S&P グローバル・ウォーター」というETFが上場し、これは楽天証券で買うことが出来ます。

楽天証券の「iシェアーズ S&P グローバル・ウォーターEFTは、水道施設や水処理設備事業を含む水道産業が事業の大半を占める世界各国の企業の株式で構成される指数との連動を目指すETFです。

そして、2008年5月、楽天証券は「パワーシェアーズ・グローバル・ウォーターETFなど、アメリカで上場しているインベスコ・パワーシェアーズの8本のETFを取扱銘柄に追加しています。

楽天証券によると、「パワーシェアーズ・グローバル・ウォーターETFなどが連動指数とする「インテリジェント・インデックス」とは、インデックスの提供会社が独自に分析をして積極的なキャピタルゲインの獲得を目指すインデックスだと言うことです。

今回の「パワーシェアーズ・グローバル・ウォーターETFなどの銘柄が追加されたことにより、楽天証券の取扱う米国ETF銘柄数は54銘柄となりました。

ちなみに、楽天証券などで売られている「グローバル・ウォーター・ファンドETFの実質的な信託報酬は年率1.70%ととても高いものになっています。

三菱UFJの「グローバル・エコ・ウォーター・ファンド」

貴重な資源である“水”に注目した三菱UFJの「グローバル・エコ・ウォーター・ファンド(愛称=ブルーゴールド)」(追加型株式投信/ファンド・オブ・ファンズ)が2007年7月25日に設定されました。

2025年には世界人口の三分の一の人々が飲料水を確保できない可能性があると言われています。
環境問題に関心が集まっている今、この貴重な“水”に注目したのが、三菱UFJの「グローバル・エコ・ウォーター・ファンド」です。

三菱UFJの「グローバル・エコ・ウォーター・ファンド」が注目するのは公益事業・インフラ整備、水関連装置、水処理技術、エンジニアリング、環境保全の水関連ビジネスです。

水関連ファンドの運用で実績の高いKBCアセット・マネジメント・リミテッド(ダブリン)が、主な投資対象となる円建て外国投信の運用を行います。

円の余裕資金を効率よく運用するため、三菱UFJの「グローバル・エコ・ウォーター・ファンド」では「日本短期債券マザーファンド」を選定しました。

この三菱UFJの「グローバル・エコ・ウォーター・ファンド」の信託期間は、2007年7月27日から2014年7月22日までの7年間です。

日興のグローバル・ウォーター・ファンドとは?

日興アセットマネジメントが設定したウォーターファンドに「グローバル・ウォーター・ファンド」があります。

この日興のグローバル・ウォーター・ファンドは、世界各国の水資源関係の企業の株式に分散投資し、中長期的な信託財産の成長をめざし、2007年6月15日に設定されました。

ファンド・オブ・ファンズで、日興のグローバル・ウォーター・ファンドは、投資信託証券に投資を行ないます。
外貨建資産への投資にあたっては、日興のグローバル・ウォーター・ファンドは、原則として為替ヘッジは行ないません。
水関連事業でも、特に継続した成長が見込まれる「水の供給管理」、「高度な浄水技術」、「水の効率利用」、「水と食糧」という4つの投資分野に焦点をあてて日興のグローバル・ウォーター・ファンドは銘柄を選定します。

日興のグローバル・ウォーター・ファンドが、主な投資の対象としている「SAM ウォーター ファンド」の運用は、SAM サステイナブル・アセット・マネージメントが行ないます。

このSAM サステイナブル・アセット・マネージメントは、水関連企業への投資で実績のある運用会社で、拠点はスイスです。

ワールド・ウォーター・ファンドBとは?

野村アセットマネジメントの「ワールド・ウォーター・ファンド」は、人気が出過ぎて、一時期は新規の募集を中止していた事もあります。

ここでは、そのA・B二つのコースのあるワールド・ウォーター・ファンドBコースについて紹介しようと思います。

ワールド・ウォーター・ファンドBコースは、ワールド・ウォーター・ファンドマザーファンドを通じて、主に世界の水関連企業の他、空気関連企業の株式などにも投資します。
そして、実質組入外貨建資産については、原則として、ワールド・ウォーター・ファンドBコースは為替ヘッジを行いません。


ピクテ・アセット・マネジメント・リミテッド、ピクテ・アセット・マネジメント・エス・エイ、ピクテ投信投資顧問にワールド・ウォーター・ファンドBコースは、運用権限の一部を委託しています。
外部の業界専門家で構成されたアドバイザリー・ボードからの水・空気関連ビジネスの助言をワールド・ウォーター・ファンドBコースは受けます。
ワールド・ウォーター・ファンドBコースは、株式の実質組入比率は、原則として高位を維持することを基本とし、スイッチングの可能なAとBの2つのコースのァンドで構成されています。

水関連ファンド投資信託について

今、地球温暖化、環境汚染、人口増加などに「水資源」の問題がより深刻化しています。

「水関連ファンド投資信託」とは上下水道ビジネス、ミネラルウォーターの他、、廃水処理、飲料水の浄水、海水の淡水化など、水の再利用などの技術を持った企業の高い水処理技術技術力に注目し、そういった事業を行っている関連企業に投資する投資信託です。

2004年3月に野村アセットマネジメントが水関連ファンド投資信託「ワールド・ウォーター・ファンド」を設定したのが「水関連ファンド」投資信託の先駆けです。

その後、日興アセットマネジメントの水関連ファンド投資信託「グローバルウォーター・ファンド」、ユナイテッド投信の水関連ファンド投資信託「ニュージェネレーション世界環境ファンド(太陽と水)」、三菱UFJ投信の水関連ファンド投資信託「グローバル・エコ・ウォーター・ファンド(ブルーゴールド)」など、新しい商品も出てきています。

他にも、資源・エネルギー・食糧に関連したファンドや、環境関連の商品指数に連動したファンドなど、環境問題に関連したファンドが次々と出て来ています。
環境問題は世界的な問題ですし、このテーマは、これからも関心を集めることになりそうですね。