シーメンスの水事業 ウォーター・ファンド(水ファンド)の投資信託で資産を殖やす運用術

シーメンスの水事業

原子力(原子力発電・核兵器)産業企業であるシーメンス(独)は、水事業会社メケロット(イスラエル)と提携し、「水の浄化事業」を中国で始めました。

中国の麻薬組織(地下経済)であるマフィアを支配し、その資金で動いている中国共産党を支配するイスラエルに、中国国内に勢力のないドイツの企業シーメンス水事業を推し進めるために支援を求めたと言う事になります。

ナチス企業としてユダヤ人虐殺に力を貸したという過去を持つシーメンス社が水事業でイスラエルというユダヤ人の国に支援を求めたのです。

核兵器産業はエネルギー産業であり、シーメンスが進める水産業であると言えます。

ドイツはEUの産業的中核を成していますが、大きく水事業を展開するシーメンスの本社ビルが、創設以来ずっとドイツの財務省等の本庁の「敷地内」に、本庁建物と並んで建ち続けている姿を見ると、この水事業において大きな力を持つシーメンスがドイツ「そのもの」である事を実感しまず。