GEの水関連事業 ウォーター・ファンド(水ファンド)の投資信託で資産を殖やす運用術

GEの水関連事業

GE水関連事業として、エネルギー効率の高い発電設備の開発、リサイクルプラスチックの応用技術などを東京電力、キヤノン、トヨタ自動車などと協力して開発しています。

GEのJeffrey R.Immelt氏は、ecomaginationに関する日本での取り組みについて、「航空機エンジン、風力発電システム、家電製品、医療用画像診断装置、そしてGE水事業における水処理システムなど幅広い商品とサービスをグローバルに展開する。

環境技術への投資は利益を生むこともできる。」と語り、GE水関連事業を含む、環境に関する技術の開発や顧客に対する支援を成長戦略としていることを発表しています。

水関連事業に力を入れるGEは、2010年には、15億米ドル(約1650億円)を環境に関する研究開発に投資し、2010年には少なくとも200億米ドル(約2兆2200億円)の売り上げを見込んでいます。

その後も、エネルギー生産、消費を効率よくする素材を使った再生可能エネルギー源、節水、浄水を可能にする製品とそのサービスなど、GE水関連事業などに力を入れて行く計画です。