ウォーター・ファンドの配当について ウォーター・ファンド(水ファンド)の投資信託で資産を殖やす運用術

ウォーター・ファンドの配当について

配当金とは、ファンドが生み出した収益を投資家に分配する金額のことです。

ここでは、「ブルーゴールド」の愛称で呼ばれる三菱UFJ投信の「グローバル・エコ・ウォーター・ファンド」の配当金を例に紹介しようと思います。

三菱UFJ投信の「グローバル・エコ・ウォーター・ファンド」には配当金受取りコース(一般コース)と配当金再投資コース(累積投資コース)があります。
申し込みのコースおよび単位は販売会社によって違いますので、くわしいことは取扱い窓口に問合せてください。

原則として、年1回の決算時(7月22日)に「グローバル・エコ・ウォーター・ファンド」では配当金を収益分配方針に基づいて分配します。
ただし、「グローバル・エコ・ウォーター・ファンド」における配当金対象収益が少額の場合には、「グローバル・エコ・ウォーター・ファンド」の配当金が配当されない場合があります。
「グローバル・エコ・ウォーター・ファンド」の配当金再投資コース(累積投資コース)の場合、「グローバル・エコ・ウォーター・ファンド」の収益配当金は、原則として税金を差し引いた後、再投資されます。

原則として、「グローバル・エコ・ウォーター・ファンド」では普通配当金と、換金(解約)時および償還時の個別元本超過額に対して課税されます。