ウォーター・ファンド投資信託について ウォーター・ファンド(水ファンド)の投資信託で資産を殖やす運用術

ウォーター・ファンド投資信託について

今、地球温暖化、環境汚染、人口増加などに「水資源」の問題がより深刻化しています。

ウォーター・ファンド投資信託」とは上下水道ビジネス、ミネラルウォーターの他、、廃水処理、飲料水の浄水、海水の淡水化など、水の再利用などの技術を持った企業の高い水処理技術技術力に注目し、そういった事業を行っている関連企業に投資する投資信託です。

2004年3月に野村アセットマネジメントが投資信託「ワールド・ウォーター・ファンド」を設定したのが「ウォーター・ファンド」投資信託の先駆けです。

その後、日興アセットマネジメントの投資信託「グローバルウォーター・ファンド」、ユナイテッド投信の投資信託「ニュージェネレーション世界環境ファンド(太陽と水)」、三菱UFJ投信の投資信託「グローバル・エコ・ウォーター・ファンド(ブルーゴールド)」など、新しい商品も出てきています。

他にも、資源・エネルギー・食糧に関連したファンドや、環境関連の商品指数に連動したファンドなど、環境問題に関連したファンドが次々と出て来ています。

環境問題は世界的な問題ですし、このテーマは、これからも関心を集めることになりそうですね。